Luca Moneseテクニカルディレクターの取材記事掲載②

イタリアの名門ACミラン公式アカデミー「ACミランアカデミー千葉」


【ルカTD記事掲載②】

前回の引き続きで取材頂きました記事が掲載されています。是非、ご一読ください。

「やればやるほど上手くなる」に根拠なし 伊のサッカー指導と日本の部活動に見る明確な差

イタリアサッカー連盟は、5~16歳の少年たちについての規約を明文化している。ACミランアカデミー千葉佐倉でテクニカル・ディレクターを務めるルカ・モネーゼが解説する。

【“知日家”イタリア人指導者の育成論|第2回】イタリア連盟が5~16歳の指導方法を明文化
 イタリアサッカー連盟は、5~16歳の少年たちについての規約を明文化している。

 ACミランアカデミー千葉佐倉でテクニカル・ディレクターを務めるルカ・モネーゼが解説する。

「規約は国連から通達された内容に即したもので、イタリア連盟には逸脱した行動を取る指導者がいれば、資格を剥奪する強制力もあります」

 概要は次の通りだ。

●子供たちは、スポーツを楽しむ権利を有する
●子供たちは、それぞれのリズムに即したトレーニングを行わなければならない
●子供たちは、適切な休息をとる権利を有する
●サッカーは創造力を活かすもので、トレーニングには様々なバリエーションの内容が提案されるべき(常に同じ内容のトレーニングを繰り返すべきではない)

 そのうえで各年代の試合の方法、1回の練習時間の上限、年間の試合数の上限、試合時間、オフの確保、選手の人数に対する指導者の数などが明確に定められている。5~6歳なら3対3、12歳になると9対9になり、ピッチの大きさも、子供たちの発育に即して負荷に耐えられる設定になっている。

「イタリアでは国が五輪連盟に全スポーツの権限を与え、さらに五輪連盟が各競技の連盟にすべてを託しています。従ってイタリア連盟が決定したことに、傘下の団体が反対することはありえません。例えば、バルセロナがイタリア国内でキャンプをしたいと希望したとします。この場合、バルセロナは連盟に具体的な活動内容を示して認めてもらわなければ、キャンプを実現できません。そういう意味で正しい力を持っていると言えます」

旧態依然とした部活の現状 「JFAは強制力のあるガイドラインを作るべきです」

 しかし長い間「学校体育」に支えられてきた日本では、日本サッカー協会(JFA)の主導権が及ばない部分も少なくない。中体連、高体連は、依然として真夏に旧来のノックアウト方式の全国大会を継続し、イタリア連盟の規約とはかけ離れたトレーニングを課している部活もある。

「JFAは強制力のあるガイドラインを作り、自分で考えてプレーに取り組める自由度の高いトレーニングを実現させるべきでしょう。残念ながら、Jリーグのアカデミー関係者と話しても、まだ哲学がなく、今作成し始めている段階のようです。これはあくまで外から見ていての印象ですが、『こんな問題がある』という指摘が出ても『そうですよね』で受け流されてしまい、また変化のないまま次の年を迎える。その繰り返しになっているように映ります」

 小中高から大学生まで、まだまだ多くの選手たちが指導者の課した量に依存したトレーニングで疲弊しきっている。

「やればやるほど上手くなる。そこに全く根拠はないし、誤りです」

 モネーゼは、そう言い切った。(文中敬称略)

(第3回へ続く)

[指導者プロフィール]
ルカ・モネーゼ

ACミランアカデミー千葉佐倉のテクニカル・ディレクター。1981年4月24日生まれ、ヴェローナ大学スポーツ運動科学部を卒業し、キエーボ、ヴェローナ、ミランなどセリエAの各クラブで指導に携わり、2012年に来日。ACミランスクール大分を経て現職に至る。大学では「スポーツ活動における指導方法論と、成長期の運動と身体の発育」を専攻し、フィジカル、アスレティック両トレーナー、及びUEFA(欧州連盟)B級ライセンスを保有。

[通訳]
長内秀樹(加部 究 / Kiwamu Kabe)

〔ルカ・モネーゼblog〕https://ameblo.jp/lucamonese/
〔ルカ・モネーゼTwitter〕https://twitter.com/MoneseLuca
〔ACミラン千葉佐倉Facebook 〕https://www.facebook.com/acmilansoccerschool.chiba/
〔ACミラン千葉佐倉ホームページ〕http://acmilansoccerschool-chiba-sakura.jp/