お役立ち情報

サイクルミー解約方法は簡単?手順や注意点・違約金はかかるか

今は健康志向で色々な商品が販売されていますね。

忙しい日々に簡単に取り入れられるものを

求めている方も多いのではないでしょうか?

その一つとして、今回はCycle.me(サイクルミー)

ご紹介いたします。

その概要と合わせて、

解約に関して詳しくまとめてみました。

ご興味頂いた方が

安心してご利用いただけるように、

ご説明させていただきます。

サイクルミー解約方法は簡単?解約の手順と方法

まずはサイクルミー解約方法は簡単なのでしょうか?

解約の手順と方法についてです。

サイクルミーは2つの購入方法があります。

  • 単品購入
  • 定期購入

単品で購入することは

一回限りの商品を購入することです。

そのため、試しに使ってみた感じを

知りたいという方にオススメです。

定期購入は毎月同じ商品が

届くような購入方法です。

そのため、一度使ってみて良かった、

または何度も買いなおすのは

手間という方にオススメな購入方法です。

その購入方法がわかったところで

解約についてみてみましょう。

単品で購入したものを

キャンセルする際には

注文日の翌日の16時まで

お問い合わせする必要があります。

それ以降の問い合わせの場合、

遅れてしまう可能性があるとのことです。

また定期購入のキャンセルの場合は

次回の発想予定日から9日前

お問い合わせする必要があります。

それ以降は翌月も届いてしまうため、

気を付けましょう!

ゆか
ゆか
会員の解約の場合、

注意することはお問い合わせフォームからお問い合わせになります。

サイクルミー解約の際の注意点

続いて、サイクルミー解約の際の

注意点についてまとめてみました。

会員の解約の場合、注意することは

お問い合わせフォームから

お問い合わせするのですが、

入力欄はフリースペースになっています。

特にボタンを選ぶところは

退会の文字がない形式です。

「その他」を選ぶことになります。

フリースペースには、

解約を希望する際には

「解約希望」という文言を

しっかり入力する必要がありますね。

折り返しの個人の電話番号とメールアドレスを入力します。

そのどちらかに返答がくるため、

どちらになるのか分からない部分でもあります。

みー
みー
メールは送信者が表示されますが、企業でも電話は知らない番号や携帯電話の番号のこともあります。

ゆか
ゆか
お問い合わせフォームから送信後の数日間はどちらになるのか、アンテナを張っておくことが良さそうですね。

サイクルミー解約回数縛りや違約金・キャンセル料はある?

続いて、サイクルミー解約回数縛りや

違約金・キャンセル料はある?

という件ですが、

調べてみたところ

はっきりとした情報は出てきませんでした。

ゆか
ゆか
ユーザー目線では通常の購入や特に支払の遅延など、特に問題がなければ、お金もかからない解約が可能と考えられます。

しかし、入会後の年数や期間、

入会時に0円のようなうたい文句があると、

入会後はお金がかかるかも

しれないというイメージがありますよね。

恐らく、入会時に規約や

契約書を交わしているはずです。

その計画書に書かれていることが

間違っていたら、問題になります。

そのための契約書です。

まずはその契約書を

見返していただくことがよろしいでしょう。

サイクルミーを最安値で買う方法は?

最後に、サイクルミーを

最安値で買う方法は?

についてお話させていただきます。

シンプルなサイトのデザインと

スマートな回答のFAQから

気になる方も大変多いでしょう。

サイクルミーをお安く買いたい方は

「定期購入」これが一番です。

最初の定期購入で定価から

20%OFFで購入することが出来ます。

そのあとも10%OFF

購入することが出来ます。

みー
みー
24個のコース限定のプランですが、大容量の商品を定価で買うよりは確実にお安いお買い物ができます。

もしこれで購入するのは

検討してからがいいという方も

いらっしゃるはずです。

そこでサイクルミーのサイトを見てみると、

東京の一部区(千代田区・港区・中央区)の

セブンイレブンで販売されているようです。

ゆめ
ゆめ
一度試してから良さそうと定期購入プランに入るのがベストかもしれませんね。

もし知り合いやご家族様が

首都圏にいらっしゃいましたら、

一度買って送ってもらうのも

このご時世ならではのコミュニケーションになりますね。

東京だけではありませんが、

ストレス社会や非対面、

リモートが主流になったからこその

干渉や溝もいろんな面で

生まれてきました。

しかし、これは慣れていくと同時に、

体を強くしていくことも大事です。

精神的にも運動するにしてもです。

プロテインは3食のサポートとして、

取り入れるものです。

身近にプロテインを飲んでいた方がいました。

ミドル世代の方でスマートですが、

力もあって若々しく、

年下の自分がむしろ謙遜したくなるくらい

輝いていた方でした。

自分のメンテナンスをされている方は

内側から外側に出てくるのだと感じました。

ゆめ
ゆめ
なかなか運動や健康の取り組み方に抵抗がある方も、簡単に始められる方法の一つのためぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?