どうする家康

海老すくいの舞いは本当にあった?歌詞や発祥踊りについて調査

家康に仕える古参の武将、酒井忠治が躍る海老すくいの舞。

面白い踊りですが本当にあったのでしょうか?

この記事では海老すくいの踊りの発祥や歌詞、踊りに関して調査しました。

みー
みー
じいの海老すくいの舞を見逃してしまった人や、これから放送を見たい人は、ぜひ「U-NEXT」のお得な無料視聴を試してみてください

 

海老すくいの踊りは本当にあった?

徳川家の家老にもかかわらず、

「海老すくい海老(えびすくい)」の舞

の名人で宴会を大いに盛り上げている酒井忠次。

この独特な海老すくいの舞は本当にあったのでしょうか。

調べによると、海老すくいの舞は酒井忠次が得意

としていた踊りとして

原題に伝わっていますが、

その歌詞や踊りについて詳細は分からないそうです。

ドジョウすくいのような

踊りだったのではないかといわれています。

ドラマの踊りは、想像で作られたようです。

大森南朋さん演じる酒井忠次は、

何となくコミカルで親しみやすい印象ですね。

大森さんはインタビューで

酒井忠次を演じるにあたっては、「兄貴分っぽくやるぞ」と自分の偏った考えで構築して演じると、群像劇でのバランスが崩れると思いますので。“劇団家臣団”みたいなものですから。バランスを取って、出るところは出る、引くところは引く。(家臣団は)全員これに尽きると思います(笑)。引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/230e2deb9581fc624f07eb825f6ac0c7156b52ec

と語っています。

 

しかし、忠次は「徳川四天王(ほかの3人は本多忠勝、榊原康政、井伊直政)」の1人で「徳川十六神将」でもあった。何より、家康にとって第一の功臣でとても重要な人物なのです。

第二話で大けがを負いながらも生きていた酒井忠次。

今後も活躍して、元気にえびすくいを見せてほしいですね。

→【クリック】どうする家康CGがしょぼいひどい?つまらない不評の理由や視聴率は

海老すくいの舞のSNSの反応

Twitter上では海老すくいの舞に関して多くの人がつぶやいていました。

えびすくいの舞を見たい!見逃し配信や再放送はある?

どうする家康のえびすくいの舞を

見逃してしまった方は

再放送やTVerの見逃し配信で

無料視聴できるのか気になりますよね?

再放送はNHK総合で土曜日13:05~

BSプレミアムでは再放送はありません。

Tverでの放送もありません。

「どうする家康」や朝ドラなどのNHK番組は

放送後より1話から「U-NEXT」で見逃し視聴することができます。

無料で視聴したいという人は、

断然お得な31日間のお試し無料視聴を利用してみてくださいね♪

初回登録としてNHKオンデマンドで使える1000円分のポイントがもらえます!!

ゆか
ゆか
このポイントで「まるごと見放題パック」に申し込めば、最大1か月間NHKオンデマンドが無料で楽しめますよ

※NHKオンデマンドの見放題パックは毎月1日~月末までが契約期間となり、

購入日から月末までを見放題で楽しめるシステムです。