髪の毛のお悩み

髪の毛に艶がないのは加齢のせいか生れつきか・簡単即効にツヤを出す方法とおすすめシャンプー

年を重ねると、髪の毛のパサつきがひどくなりますよね!

私はカラーやパーマをしまくった今、年を重ねて後悔しています(笑)

今回は、髪の毛のツヤを出す方法やシャンプーの仕方についてご紹介していきます!!

髪の毛に艶がないのは加齢のせいか生れつきか

年を取ると、髪の毛にツヤが無くなるのは加齢の影響も大いにあります。

とくに、女性に多く見られます;;

原因としてはこちら!

原因1:加齢や女性ホルモンの分泌減少による毛周期の乱れ。
原因2:加齢によりキューティクルがもろくなる。
原因3:血管の老化による血行不良で毛根部に栄養が十分にいきわたらない。
原因4:毛包にある、毛を作るのに関わる細胞の衰え。

女性に髪のツヤがなくなりがちなのは、やはり更年期を過ぎたあたりでエストロゲンが大量に失われバランスが崩れることが大きく影響します。

また、血行不良で栄養がいきわたらないこともあるのですが、

特にターンオーバーなども老化で遅くなることがあるため、余計髪ツヤが無くなってしまいますよね・・・

 

簡単即効で髪の毛にツヤを出す方法は?

 

髪の毛にツヤを出す方法はこちらです!

自分に合ったシャンプーを選ぶ

 

・頭皮が健康的な人、皮脂がよく出る方は石鹸系のシャンプーがオススメです。

こちらは、洗浄力が強いので、選ぶ際には美容師さんに相談して切り替えることをおすすめします!

逆に乾燥しすぎて皮脂がかなり出てしまうこともあります。

・頭皮が健康、皮脂が気になる人は高級アルコール系がオススメです!

市販や美容室によくあるようなシャンプーです!^^

・アレルギーのある人、肌が弱い人、頭皮が乾燥しやすい人にはアミノ酸系のシャンプーがオススメです!

こちらは皮脂の多い人には洗浄力はないので不向きです!

シャンプー前のブラッシングをする

ブラッシングは、最低3回するのが推奨されています。

 

朝・帰宅時・シャンプー前は必ずすることで髪の毛の絡みによる摩擦を軽減することができます。

ぬるま湯でシャンプーする

血行を促すために、ぬるま湯でシャンプーをするのがオススメです!

シャンプーの際のお湯の温度は体温に近い36~38度が最適です。

この温度以上になると頭皮が乾燥してツヤが失われてしまいやすいので気を付けましょう!

週一回のヘッドマッサージ

こちらも上記と同じ理由ですが、

血行を促すためにヘッドマッサージを自分で行いましょう^^!

痛きもちいいくらいの強さがオススメです^^!!

シャンプー後はごしごし拭かない

タオルを頭皮に当てて、

指の腹で軽くマッサージするような感じで水分を拭き取ったら、

次は髪の毛をタオルで優しく包み込むように両手で挟んでタオルドライしていきましょう。

洗い流さないトリートメントを使う

トリートメントもたくさんの種類があります^^

・ミスト系
水分量が豊富で髪への浸透力が高く補修・保湿力に長けている。スタイリング剤の代用も。

・ミルク系
油分と水分がバランスよく配合されており、潤いを与え、保湿する効果に長けている。

・オイル系
主成分が油分のため髪にツヤを与え、ドライヤーによる熱ダメージから髪を守る効果も高い。

ドライヤーは最後は冷風を!

水分が残りやすい頭皮から乾かします。

髪を根元からかき上げるようにし、15~20cm離れた位置から温風を当てます。

頭皮を乾かしたら、いよいよ髪の毛。

根元をふんわりさせるために、毛の流れと反対の向きに温風を当てます。

最後は冷風を当ててキューティクルを整えます。

たんぱく質をたくさんとる

 

髪の毛の元はたんぱく質。

たんぱく質を意識してたくさん摂ることで髪の毛の再生を促すことができます^^

これはすぐに効果は出ませんが、3か月は続けることが大切です!

髪の毛に艶を出すシャンプートリートメントおすすめ3選

2022年】市販シャンプーおすすめランキング30選!人気サロン商品も紹介 | ARINE [アリネ]

(引用:https://arine.jp/articles/22935 )

オススメのシャンプーはこちらです!

気軽にドラッグストアで購入できるものを厳選してみました!

 

1. ボタニスト

[itemlink post_id=”45″]

見た目もさることながら、人気な理由は髪思いの成分であるということです。

「洗浄成分」には、髪へのダメージが少ない「アミノ酸系・ベタイン系」を配合し、成分のおよそ90%が植物系由来のもの。

自然派向けの成分構成は、安心して使える嬉しいポイントです。

洗っている間はもちろん、ブローした後もしっかり香り長持ちで、寝るときも朝起きても長続き。

2. アミノメイソン

[itemlink post_id=”47″]
配合されているのは「アミノ酸系」洗浄成分で、ヘルシーな髪を目指すというのがコンセプト。

だからこそ、植物エキスを豊富に含み、敏感肌の方やアトピー持ちの方でも安心して使えるのは嬉しいポイント。

原料の中でもボタニカルさを重視し、「フルーツエキス」や「オイル」、「ハチミツ」などから髪に不足しがちな潤いを補給します。

また、タンパク質でできている髪と相性の良いミルクを入れることで、アミノメイソンの特徴でもあるホイップクリームのようなモチモチした濃密泡に。

時間をかけなくても、そして水を足さなくてもしっかり泡立つ独立した機能性は、通常泡立ちが悪いといわれている「アミノ酸系」のシャンプーの中でも洗うのが簡単です。

3. いち髪

[itemlink post_id=”48″]
配合されている「純・和草プレミアムエキス」には、古代米として人気の「赤米」や髪をしなやかにする「紫玄米ぬか」、ダメージ補修をしてくれる「黒米発酵」が入っています。

成分には「硫酸系」の界面活性剤を使用していないため、頭皮や髪へのダメージもできる限り少なくされています

髪がごわついたり、きしむ原因となる「キューティクルの剥がれ」を整え、するんとした指通りに洗い上げてくれているんです。

キューティクルが締まることで、髪と外部との摩擦を軽減し、まとまりやすい髪に。

 

髪の毛に艶を出すヘアオイルは?天使の輪の作り方も

こちらも、市販で気軽に購入できるヘアオイルをご紹介していきます^^

ルシードエル オイルトリートメント

[itemlink post_id=”50″]

こちらは、私も使用しています!

パーマやカラーをしすぎている私のくせ毛髪でも、かなり落ち着いて大好きなトリートメントです!!

ロレアルパリ エルセーヴ

[itemlink post_id=”51″]

これも使っています。

アウトレットでめちゃ安かったんです・・・(笑)

こちらもかなりしっとりしていて、広がりやすい方にお勧めのヘアオイルです!

あんず油

[itemlink post_id=”52″]

こちらはかなりお安いヘアオイルですが、効果はお墨付き!

植物性オイルなので、髪の毛にもしっかりと浸透し、髪質問わずさらさらの髪へと導いてくれます。

これは今度買って試してみます♪

髪の毛に艶がないのは加齢のせいか生れつきか

私は、髪の毛の摩擦を防ぐために椿油をシャンプーと混ぜてシャンプーしています。

こちらは効果あるのか最初わからなかったのですが、使い続けると軋みが無くなりました!!

皆さんぜひ参考にしてみてくださいね^^♡

[itemlink post_id=”53″]